魔導士の家「解放イベント」の使い方まとめ

魔法使いと黒猫のウィズ 3周年で「魔導士の家」が実装されました!過去のイベントクエストを、期間限定で解放しプレイできたり、イベント達成度に応じてクリスタルがもらえます。書こう書こうと思っていて遅くなってしまいましたが、「魔導士の家」のイベント解放方法や使い方などまとめました。

 

「サイオーン」「トルリッカ」をクリアすることでワールドマップに「魔導士の家」が登場。※2016/4/27解放条件が変更になりました。

20160411-02

 

魔導士の家でできること

  • イベントクリア率/サブクエスト達成率を達成するとクリスタルがもらえる(ノーマル/ハード)
  • イベントのBGMが聴ける
  • イベントに関する精霊の「精霊図鑑」を確認できる
  • 期間限定で、ゴールドを使いイベントを解放し、再度プレイできる

今後、イベント精霊のボイスが聴けるなどのアップデートがあるみたいです。

2016/4/11現在、一部のイベントしか「魔導士の家」に反映されていません。今後増えていくと思いますが、コラボイベントなどは(大人の事情で)登場しない可能性もありますね。




イベント解放の方法

20160411-04

解放可能なイベントには、「ゴールドのマーク」が小さく付いています。

イベント解放可能な期間は決まっているので、お知らせを確認しましょう!第一回目の「幻魔特区スザク」「覇眼戦線」はTwitterのアンケートで決定したようです。今後はどのように決まっていくのでしょうね( •ᴗ• )

 

▼「ゴールドのマーク」の付いているイベントをタップすると、「このイベントはゴールドで解放できます」と表示されています。

20160411-05

▼20,000,000ゴールドでイベントを解放できます。

20160411-11

 

▼解放したイベントは、イベントクエストの一番下に出てきます。解放後は「魔導士の家」ではなくここからプレイしましょう。

20160411-08

解放期間は20,000,000ゴールドにつき「168時間(7日間)」です。解放した時点でカウントダウンが始まります。

解放可能期間中であれば、168時間が過ぎても再度解放できます。(もちろんゴールドは必要)

また、イベント解放中の延長解放はできませんでした。

※ブレイダー、アビスコード系の解放期間は20,000,000ゴールドにつき「24時間(1日間)」のようです。(2014/4/30追記)

※開放期間、必要ゴールドはイベントにより異なる可能性があります。(2016/8/18追記)

 

イベントを再度プレイできます

解放されたイベントは、未プレイの状態からスタートします。クリア報酬やサブクエスト報酬も再度入手が可能です。

※2016/8 アビスコード、八百万イベントから前回プレイした状況が引き継がれています。(クリア報酬やミッションも同様)

20160411-09

ミッションも復活!使わない雑魚ボスも集め直すという苦行…( ・∀・)

20160411-10

「スザクⅠ」の「ガーディアンコインの収集枚数」においては、前回開催時の枚数が引き継がれる仕様となっています。収集系のミッションはかなりの時間を要するので、とてもありがたいですね(>ω<)

一度目の解放でミッションが達成できなくても、期間中に再度解放すればミッションは引き継がれます。(クリア状況も同じくです)

また、今回のスザクに関しては「土日祝日ドロップ率UP」や「消費魔力半減」などの恩恵は受けられないのでご注意ください!

ブレイダー、アビスコード系は消費魔力0の時間帯が設けられるようです。(2016/4/30追記)

→2016/8追記 消費魔力0の時間帯が廃止されました。ころころ変更になるので都度お知らせを確認したほうがよさそうです。

※GW期間に開放が始まった「エタクロ」「ロストエデン」はドロップ率1.5倍の期間が設けらています。今後の開放イベントも同様かは不明です。(2016/5/9追記)

 

現行のイベントをこなしつつ魔導士の家イベントも回収するのは中々時間がかかりますが、やったことのないイベントなら楽しめそうですね。

「覇眼戦線Ⅱ」が近日スタートするようですが、以前のイベントに対して今後は「復刻」ではなく、魔導士の家での「イベント解放」となるのでしょうか?ドロップ率がアップしないのはちょっとたいへん…( ´•ω•` )

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA